家を売ってから買うか?買ってから売るか?買い換えの順番

買い換えのタイミングについて

現在の住まいを売って、新たに家を買うことを考えている場合には、買い換えのタイミングについてよく考えておく必要があります。
自分の事情に合わせて、売却時期と購入時期を調整しましょう。

 

・売却と購入を並行する
ある程度同時進行で進める場合には、作業自体も重なるので大変ですが、買い手、売り手双方の事情も考慮しなければならないので、売却時期・購入時期については十分な交渉が必要となります。
ただし、最も短期間で家の売買を済ませることができるでしょう。
急ぎの場合には、信頼できる不動産会社を見つけ任せられることは任せていくこともポイントとなってきます。
複数の不動産査定を一括でできるサイトなどを活用するとスムーズになりますね。

 

・売ってから買う場合
まず今の家の売却が決まってから新たな家を購入する場合です。
売却価格が決まってきますので、資金に関する計画が立てやすくなるメリットがあります。
ただし、今の家の引渡し時期を上手に調整しないと、仮住居の必要が出てくることもあります。

 

・買ってから売る場合
資金や時間的にある程度の余裕がある場合には、先に購入を決めてから売ると、住み替えのための調整が不要になりますね。
ただし、売却価格が思ったより低かった場合には、資金面での調整が難しくなるというリスクもあります。

 

みんなはどうしてる?買い換えのタイミング

やはり多くの人は、時間的にも資金的にも短縮できるため、売却先を決めてからか、同時進行で検討を進めるケースが多いようです。
また、現在の家のローンなどの残債がある場合には、先に売却することができないので上手に調整しましょう。
ローンの借り換えや税制上の特例などについても検討しておきましょう。

 

ポイントとしては、引き渡しの時期を常に意識しておくことです。
今の家を引き渡す時期、新しい家に入居できる時期、それぞれをできるだけ近づけることが大切です。

 

ローンが残っている家の場合

ローンが残っている家の場合には、
・売却金額で残債を支払う
・新しい家のローンに残債分を上乗せする
・新たなローンを組む
といった方法がありますが、一般的には売却金額で残債を精算することが多いです。
もちろん売却金額が残債分以上であることが条件になりますね。

 

また、家を売った場合には、税金や仲介手数料といった費用も必要になりますので、その分も考慮しておかなければなりません。
物件価格を全部使えるという訳ではないことに注意しておきましょう。
新しい家の頭金や引越し資金など、大きな額の動くことですので、十分に検討しておく必要があります。