売れやすい家ってどんなの?

人気ポイントをおさえてアピール!

家を売るならば、少しでも早く高く売りたいものです。
ここでは家の条件として人気のあるポイントを知っておき、自分の家を売る際のアピールポイントとしてしまいましょう!

 

売れやすい家のポイントはここ!

・生活しやすい立地
家の周辺の環境は、物件を選ぶ人の大きなポイントとなっています。
「駅チカ」「コンビニすぐ」のようなポイントは誰しもが気にするところでしょう。
他にも近くにあると有利になる施設としては、スーパー、バス停、学校、銀行、郵便局、公園、交番、役所、図書館などがありますね。
公共の施設が近くにあるのは何かと便利ですよね。
ただし、購入希望者の家族構成や生活スタイルによっては、逆効果となる場合もあるので注意しましょう。
例えば、子どものいる家族なら学校が近いのは嬉しいですが、静かな環境を求める人にとってはマイナスポイントとなることもあるのです。
臨機応変にアピールしましょう。

 

・通勤や通学に便利
駅やバス停に近いことはもちろん有利ですが、その路線が通勤や通学に便利な場合さらに人気となります。
例えばJPや地下鉄が複数乗り入れているような駅ならば、より多くの人にとって魅力となりますよね。
「駅ちか」とよくいわれますが、徒歩で15分圏内であれば十分アピールできるでしょう。
逆に20分以上歩くとなると不利ポイントと考える必要もあるかもしれませんね。

 

・延べ床面積や敷地面積が広い
やはり広いスペースがある方が魅力的です。
居住スペースとしては、一人あたり8坪以上が快適な広さといわれています。
購入希望者の家族構成によってアピールしましょう。
ただし、一人暮らしや二人暮らしの場合には、あまりに広すぎると日々のメンテナンスが面倒というデメリットにもなります。

 

・一般的な間取り
新築住宅やマンションがたいてい似たような間取りになっているのは、多くの人が生活しやすい間取り、つまり売れやすい間取りだからです。
あまりにこだわった間取りになると、住みたいと思う人も限定されてしまうものです。
人気の一般的な間取りは、3LDK(LDK+部屋3つ)、4LDK(LDK+和室1・洋室3)といった感じでしょう。

 

・「築浅」物件
「築浅」つまり、築年数が浅い物件はやはり人気です。
一般的に「築浅」とされるのは築9年程度までしょう。

 

・綺麗
やはり見た目の印象は大切です。
場合によっては築年数よりアピールできるポイントとなるかもしれませんね。
特にバス・トイレ・キッチンといった水回りは気にする人の多いポイントです。
普段から綺麗にしておくのはもちろんですが、内覧がある場合には特に気にしておきましょう。

 

・日当たりの良さ
日当たりの良さは絶対ゆずれないという人も多いですよね。
南向き物件は人気です。
内覧の際などには、日当たりの悪い部屋は電気を点けておく、部屋のカーテンは全て開けておくなど対処しましょう。

 

・閑静な環境
賑やかな商店街や。車の頻繁に通る大通りよりは、少し外れた住宅街を望む人が多いです。
いわゆる「閑静な住宅街」というところですね。

 

・駐車スペースがある
車を持っている人はもちろんですが、若い夫婦など将来的に車を持ちたいと考えている人は多いものです。
敷地内に駐車スペースがあることはアピールポイントとなりますね。