なかなか家が売れない場合はどうしたらいい?

物件がなかなか売れない!

いざ売りに出してはみたものの、なかなか買い手が付かないということがあります。
次の生活の準備も始めたいのに困りますよね。
ましてや売却の期日が決まっている場合には焦ってしまいます。
なかなか物件が売れない理由にはいくつか共通する点があるようです。
以下のような点が当てはまっていないか検討してみましょう。

 

家が売れない大きな理由

家が売れないのには、大きく分けると3つの原因が深く影響しています。
あなたの販売している物件はいかがでしょうか?

 

1.物件価格が高い
当然ですが、買う人が「この値段なら納得」となって初めて売買は成立しています。
あなたが「この値段で売りたい」といくら思っていても、「その値段なら買いたい」と思う人がいなければ売れることはありません。
極端に古い物件でなければ、価格を下げ続ければいつかは売れます。
しかしできるだけ高く売りたいと思うのであれば、「適正価格」ということを強く意識することが大切なのです。

 

2.よくない条件がある
家の条件というのは、買う人の好みによって良くも悪くもなるものです。
例えば、あなたにとっては駅に近くで買い物にも便利な好条件であっても、静かな環境を望む人にとっては悪条件となることもあるのです。
もっと分かりやすい例では、名の通った建築家の手がけたデザイナーズマンションであっても、人によっては「使いづらい」というマイナスポイントになることは多いです。
一般的に個性が強い物件ほど売れづらいという傾向があるようです。
この辺りは不動産のプロである不動産会社の意見をよく聞き、客観的な価値を判断してもらいましょう。
おのずと適正価格に近づくことにもなるでしょう。
自分のこだわりに頑固にならないことがポイントです。

 

もちろん瑕疵条件があるのであれば、修復するなり価格に反映させるなりといった対処は絶対に必要です。

 

3.売り方が悪い
もちろん不動産会社の売り方がよくない場合もあるでしょう。
宣伝や広告の仕方が悪かったり、紹介の仕方が悪いということもあります。
ここは、媒介契約をする前にしっかりと確認しておきたいところです。
できれば広告などの実物もチェックしておきましょう。

 

そして、意外と多いのが売り主の売り方が悪い場合です。
内覧の際でも掃除されていなかったり、外から見ても、ベランダが雑然としていたり窓が汚れていたりしたら、購入希望者の気持ちも萎えるものです。
毎日ピカピカにまでとはいかなくても、次に住む人が快適に暮らせるような心配りは大切ですよね。
「売れるのが決まって、引っ越す前に掃除すればいいや」という態度は家から伝わってしまうものなのです。
古い物件などは、程度によってはリフォームしてからの方が売れやすいこともあります。
ここも不動産会社に相談した方が良いポイントでしょう。