家の価値の相場を知るには?

自分の家はいくらで売れる?

家を売る際に最も大切なのが「価格」ですよね。
価格を判断するための材料として「相場」というものがありますが、金や株のようにハッキリとした相場価格がないのが不動産です。
様々な要素によって価格が決められるため、一概に「この土地で築何年だからいくら」とは決められないのです。

 

ここでは、自分の家の価値の相場がどれくらいなのかを判断する方法について考えてみましょう。

 

基本的な不動産価格の考え方

決められた判断方法がないのが不動産の価格査定です。
しかし、基本的な考え方を知っておくことで、大きく相場を読み間違えることを避けることができます。
不動産のプロはどのような考え方で査定をするか知っておきましょう。

 

・不動産の個別性
不動産では「同じものは一つもない」という考えのもと取引きされています。
同じマンションであっても、階数や部屋の向き、場所などによって価値が変わりますよね。
さらに中古物件になりますので、それぞれの管理状況などによっても大きく価値が左右されます。
立地条件や物件自体の特徴が同じものはないのです。
これを「個別性」と呼び、不動産の売買においては重要な考え方になります。
つまり、価格の参考になる物件はあっても、まったく価値の同じ物件ではないということなのです。

 

・取引時点による価値の変動
取引する時期によっても価値は変動します。
これはどんなものの相場でも同じですよね。
全く同じ物件であっても、新築から何年も経てば価値は変わりますし、周辺の状況によって価値が変動することもあります。
もちろん市場全体の相場の変動も影響してきます。
バブル崩壊後のように、一気に全体の不動産の価値が下がることもありますね。
不動産の売買では取引する時期が重要になってきます。
これを「取引時点」と呼んでいます。

 

・売り手と買い手との合意
商店での売買のように「いくらです」「買います」「買いません」という売買契約と違い、不動産の場合には、売り手と買い手との様々な条件の合意が重要となります。
ここでは交渉や調整といったことも多々あるのが普通です。
金額面だけでなく、引渡し時期などといった諸条件も価値の決め手の一因となってくることがあるのです。

 

家の価値の相場の調べ方

不動産会社に相談せずとも、おおよその目安を付けることができます。
中古物件の情報はインターネットをはじめ様々な手段で集めることができますよね。
自分なりに今の家に近い不動産を探して価格のイメージをしておきましょう。
ただし、自分で調べた情報を過度に信用せず、あくまでも目安としておきましょう。

 

・簡単に家の価値の相場を知る方法!
「一括査定」という言葉をよく耳にするようになりましたね。
車の売却や引越し費用の見積もりなど、インターネットを使って簡単に相場を調べられるようになっています。
実は家の売却のための査定でも、この一括査定が利用できるのです。
いくつもの不動産会社の査定を簡単に入手できるサイトがいくつもあります。
これを利用すれば、時間もお金もかけずに自分の家の価値の相場を知ることができますね。
不動産会社を比較検討する材料としても有効的ですよ!