家の売却でよくある失敗は?

家の売却での失敗!絶対避けたい!

人生のうちでも最も大きな額のお金が動くタイミングでもある家の売買
後悔するようなことにはなりたくないですよね。
「人の振り見て我が振り直せ」ではないですが、家の売却でよくある失敗から心構えをしておきましょう。

 

過去の価格で売れるハズ!の思い込み

もちろん購入時の価格で売れると思っている人はいないと思いますが、多いのがご近所などの売却例を基準にしてしまうケースです。
「同じマンションの他の部屋が4000万円で売れたから、うちも4000万円で売れるだろう」。
ついそう考えてしまいますよね。
しかし不動産の売買において、同じ物件は二つと無いというのが常識です。
それぞれの物件によって条件は様々に変わっているのです。
さらに他の部屋が売れてからすでに時間は経過しています。
通常物件は時間が経つごとに価値が下がると考えて良いでしょう。
もちろん世間の景気にも左右されますので、過去の販売例というのはあくまでも参考価格なのです。
それよりも「今いくらで売れるのか」ということに注目しましょう。

 

他の不動産会社に頼んだ方がいいかな・・・

なかなか物件が売れないと焦ってしまいますよね。
そんな時によぎるのが「不動産会社が悪いのでは?」という疑惑です。
「他の不動産会社に代えたらもっと上手に売ってくれるのでは?」と考えてしまう人も少なくないかもしれません。
しかし、昨今の不動産業界では、不動産会社同士で物件の情報を共有しています。
この共有ネットワークのシステムを「レインズ」と呼んでいますが、これを使っている不動産会社ならばどこでもあなたの販売物件を紹介できているのです。
大手であろうが町の不動産屋であろうが関係ないのです。
それよりも販売価格や条件の見直しを考えた方が効果的なのです。

 

チラシの価格で売れるハズ!の思い込み

マンションなどではよく「このマンション限定で今なら○○○万円で販売しています!」というようなチラシが入っていることがありますよね。
実際に購入希望者がいる場合もありますが、金額についてそのまま信じ込んでしまうのは危険です。
こういったチラシでの価格は、販売している価格であって実際に売れた金額とは違うことがほとんどなのです。
中には客寄せのためにわざと高めで販売している、いわゆる「さらし物件」ということもあります。
こちらもやはり参考にする程度にとどめておいた方が賢明でしょう。

 

リフォームしているからその分高くなるでしょ!

見た目をキレイにしておくことは、物件を高く早く売るためには大事なことではあります。
しかし、お金をかけてリフォームしたからといって、その分売却額が高くなるというものではないことは覚えておきましょう。
特に内装などの部分は買う人の趣味によって捉え方の違う部分です。
オシャレと思って流行りの小さめの洗面台にリフォームしたとしても、使い勝手を重要視する人にとってはマイナスになることもあるのです。
リフォームに関しては、してマイナスになることは少ないでしょうが、過度にプラスの期待をしないことが鉄則です。
もしこれからリフォームを考えているのならば、不動産会社にも相談して売れやすいリフォームという面から考えるのも良いでしょう。