住宅ローンの残っている家を売却することはできる?

家を売りたいけど住宅ローンが残っている!

今住んでいる家を売りたいと考えているけれど、住宅ローンの残りが気になって踏み切れないという人は多いでしょう。
長期のローンを組むことが多い住宅ローンですから、完済を待っていたらいつまでも住み替えなどできませんよね。

 

実は家を売却する人のほとんどが住宅ローンを残ったままなのです。
逆に住宅ローンを払い終わって買い替えをする人の方が少ないのです。

 

人生ではいろいろなことが変化していきます。
購入した時にはベストと思っていた家でも、子どもの成長やライフスタイルの変化によって使い勝手が悪くなることはありますよね。
しかしもちろん住宅ローンはまだまだ返済中・・・。
そんな状態であっても家を売ることはできます!
ここでは住宅ローンを残したままでの家の売却について考えてみましょう。

 

住宅ローンの残った家を売る流れ

一般的に住宅ローンの残った家を売る場合は、家を売却したお金でローンの残りを返済しています。
さらに余裕があれば次の家の購入資金(頭金など)に充てているのです。
当然のことですが、ローンを返済しなければ家を正式に売ることはできませんので、売買契約までには返済を完了させる必要があります。

 

また、売却額ではローンの残高をまかなえないという場合には、新たなローンに借り換える人もいます。
次の家の購入ローンに上乗せする人もいれば、新たなローンを組むこともあるようです。
しっかりと返済のめどが立つのであれば、こういった方法もあります。

 

住宅ローンの残った家を売る際の注意!

まず家を売ることを考えた際に、物件の査定をしてもらうと思います。
ここで注意しておきたいのがお金のバランスです。
ローンの残高に比べて、査定額+仲介手数料+諸経費の金額多い場合には、「赤字」ということになりますので注意しましょう。
足りない分を補足する資金が必要となります。

 

さらに注意しておきたいのが「実際の売却額は査定額より低くなることが多い」ということです。
査定額というのはあくまで参考の価格ですので、実際売りに出しているうちに値段を下げることも多いのです。
資金計画にはある程度余裕を持たせておきましょう。

 

また、仲介手数料は上限が決まっていますが、不動産会社によって差が出る部分でもあります。
不動産会社を選ぶ際には、査定額だけでなく仲介手数料や、その他のサービス内容も確認して比較するようにしましょう。
一括査定サイトなどを利用すると便利ですよ。

 

税金と特例・控除について

家を売却して利益となる場合、税金がかかることも考えておきましょう。
また、課税が免除となる特例や、住宅ローンの残っている場合の控除制度もありますので、上手に活用することが大切ですね。