家はリフォームしてから売った方がいい?

家を売却する時のリフォームはどうする?

家の売却を考える人のほとんどがリフォームについても検討しているのではないでしょうか?
リフォームして見栄えも良くした方が高く売れると考えるのは当然ですよね。
しかし、実際の不動産会社の意見は賛否両論だったりします。
場合によってはリフォームせずに売った方がお得ということもあるのです。
ここでは家の売却とリフォームについて考えてみましょう。

 

リフォームしてから売却するメリット

まずはリフォームしてから売却する場合のメリットを考えてみましょう。

 

・見栄えが良くなる
リフォームすることによって見栄えが良くなるので、購入希望者の印象はグンと良くなります。
また、物件の査定の段階でも印象的には良くなりますね。

 

・リフォームローンの心配がない
購入する側は住宅ローン以外のローンを組めない場合もあります。
あらかじめリフォームしてあれば、リフォームローンを組めない人でも買うことを検討できますね。
より広い層にアピールすることができます。

 

・買い手が付きやすい
現状でそのまま住めるという物件は、買い手が付きやすい・成約しやすいというメリットになります。
すぐに家を売りたい人にとっては大きなメリットでしょう。

 

リフォームしてから売却するデメリット

・リフォーム費用分価格が高くなるとは限らない
「リフォームしているからその分高く売れる」と考えてしまいがちですが、リフォームにかかった費用分物件の価値が上がるとは限りません。
むしろ大して変わらないということも多いのです。

 

・買い手の趣味と違えば意味なし
特にリフォームの内容によっては、個人の趣味によっては逆効果となるものもあります。
例えば壁紙などのインテリア系は顕著ですよね。
買う側にとって意味のないリフォームも多々あるのです。
そればかりかマイナスポイントになってしまうこともあるので注意しましょう。

 

・買い主の選択肢を狭めることもある
リフォームしてしまったことで、買った人のできることが狭まれる場合もあります。

 

売却まえのリフォームは慎重に!

良かれと思ってしたリフォームが、かえって物件の価値を下げてしまわないように、家の売却前のリフォームには十分な注意が必要です。
多くの不動産会社が口にするのは「リフォームする前に相談して欲しい」ということです。
物件の条件によってリフォームの善し悪しが変わってくるのです。
簡単なリフォームならばいいですが、大掛かりなリフォームは不動産会社の担当者と相談してからの方が無難でしょう。

 

もちろん売却のスケジュールによっては急がなければならないリフォームもあるので、家の売却を決めたらすぐに信頼できる不動産会社を見付けることが大切です。