権利証を失くしてしまったけど家を売却できる?

権利証を失くしてしまったら家は売れない?

家を購入した際に必ず発行される権利証。

 

「この不動産の所有者はあなたです」ということを正式に証明する大切な証書ですよね。
しかし、購入した時依頼見たこともないという人が多いのも事実です。

 

長年しまっておいたはずが、いざ確認してみたら見つからないということも多いのです。

 

権利証を失くしてしまったらどうする?

権利証は再発行することができません。

 

なので、紛失してしまったら二度と手にすることはできないと考えておきましょう。

 

「えっ!大変だ!」と慌ててしまうかもしれませんね。
しかし、もし権利証が盗難などの被害に遭っていたとしても、同時に実印や印鑑証明書、身分証明書(のコピー)なども盗られていなければそう心配することはありません。
権利証だけで不動産を売却することはできないのです。

 

権利証とは、「登記簿への記載が完了しましたよ」という証明書と考えられます。
その証書がなくても、登記されていることに間違いはありません。
所有権が消えてしまう訳ではないのです。
所有者があなたであるということはしっかり登記されていますので焦ることはありません。

 

権利証のない家を売却する手順

では権利証がない状態での家の売却の手続きはどうするのか知っておきましょう。

 

方法は2つあります。

 

・事前通知制度を利用
事前通知制度とは、権利証がない状態で登記を完了する際に、売り主の本人確認をする制度です。
登記申請のされた法務局(登記所)より、「本人限定受取郵便」にて通知書類が送られてきます。

 

「登記申請と登記内容は真実ですか?事実ならば2週間以内にそう伝えて下さいね」という通知です。
この通知に登記申請書と同じ実印を押印して、法務局(登記所)へ持参または郵送すれば登記をすることができます。
(ちなみに本人限定受取郵便を受け取るには、有効な本人確認書類が必要となります。)

 

・司法書士などによる手続き
司法書士や土地家屋調査士などは、登記の代理人となることができます。
司法書士などが「本人確認しました」という書類を添付して申請することで登記を行うことができます。
事前通知制度を省略することができ、確実に登記できるため、この方法を利用する人が多いです。

 

もちろん手数料がかかりますので、やはり権利証は大切に保管することが大切です。
司法書士に依頼した場合には5万円程度〜の費用が必要となります。
登記に必要な書類を揃えるのは売り主の義務ですので、もし権利証が紛失しているのであれば、それに伴う費用は売り主が負担することもあわせて覚えておきましょう。