家は売るのと貸すのどっちがいい?

売るのと貸すのとどっちがいい?

家の買い替えや住み替えを検討している人の多くが悩むのが、「売るべきか貸すべきか」ということでしょう。
売ってしまえばまとまったお金が入ることになります。
しかし賃貸にすれば定期的なお金がずっと入ってくる。
いろいろと考えてしまいますよね。

 

大きな決断になりますので、しっかりと検討しておきたいものです。

 

売るか?貸すか?チェックポイント

以下のチェックポイントに当てはまるものが多いほど、売った方が良いといえるでしょう。

 

・住宅ローンが残っている物件
「賃料で住宅ローンの支払いをまかなえばいいのでは?」と考える人は多いでしょう。
確かにそういった謳い文句で「貸しませんか?」と誘ってくる不動産会社も多いですよね。

 

しかし、賃貸にした場合には「借り手がつかない」というリスクがあることを覚えておきましょう。
入居者が次々と空き無しに入り続けることは意外と難しいものです。
特に年月が経って、築年数が増えれば増えるほど入居希望者は見つかりづらくなるものです。
いったん入居者がいなくなると、収入はゼロで住宅ローンや管理費など支払いだけがかさんでしまうのです。

 

・将来的にその物件に住む予定がない
再びその家に戻る可能性があるのであれば、そでまでは賃貸に出すということもアリでしょう。
しかし、戻る予定がないのであれば、価値が高いうちに売ってしまった方がおすすめです。
物件は時間が経つほど価値が下がるのが一般的です。
今より高く売れることは無いと考えておいた方が無難です。

 

・固定資産税や修繕費の余裕がない
賃貸に出した場合には、当然固定資産税は自分が支払い続けます。
また、家賃収入があれば所得税もかかります。
さらに大きいのが修繕費です。
月々積み立てていく場合もありますし、何かあった時の修理は持ち主である自分がしなければなりません。
家が古くなればなるほど修繕は避けて通れなくなってくるのです。

 

・値上がりする可能性のない立地
立地によってはその後地域が発展し、物件の価値も上がる場合があります。
いわゆる投資対象となるような立地条件・物件というものですが、価値が上がる居住物件などめったにありません。
ほとんどの物件は年が経つたびに価値が下がっていきます。

 

・管理料は払いたくない
もちろん個人で借り手を探して、建物の修繕などの管理も全て自分で行うのであれば、外部に管理を依頼することはないでしょう。
しかし現実的には不動産会社に賃貸管理を依頼するという形になる場合がほとんどでしょう。
そうなると月々の管理費を支払い続けることになります。
月々1〜2万程度になることが多いですが、余計な負担と思うのであれば売ってしまった方が良いでしょう。