不動産会社に家を売却する!

不動産会社への売却について

家を売るとなると、不動産会社に仲介を依頼して買い手を探してもらうのが一般的でしょうか。
しかし当然販売する手間や、内覧などに対応しなければならないという面倒さもあります。

 

そこで家を直接不動産屋に売却するという方法もあります。
不動産会社は一旦物件を買取、その後自らが買い主を探すということになります。
ここでは、不動産会社に家を売ることについて考えてみましょう。

 

不動産会社に家を売るメリット

・すぐに売れる
家を売るとなると大きな作業になりますが、仲介してもらい買い手を探してとなると、それなりの期間がかかることを覚悟しなければなりません。
よほどの好条件物件でなければ、売りに出したからといってすぐに買い手がつくことは珍しいでしょう。
「半年、一年、何年たっても買い手が付かない!」などということもあり得るのです。
いろいろと人生計画が決まらず困りますよね。
その点不動産会社に直接売る場合には、買い手の心配をする必要がありません。
たいていは一ヶ月程度で売買から引き渡しまで完了することができます。
持っている不動産をすぐに現金化したいという人にも便利ですね。

 

・仲介手数料が必要ない
買い手は不動産会社ですので、仲介されている訳ではありません。
仲介手数料がかかりませんので、買取価格はそのまま受け取ることができます。

 

・近隣に知られずに売ることができる
仲介を依頼して販売を始めると、当然不動産会社は宣伝をしますので、その家が売りに出されていることは知られてしまいます。
特に不動産は近隣に住む人が購入することが多いため、近隣への宣伝は頻繁に行われます。
近所の人たちに知られたくないという人にとっては困りますよね。
直接不動産会社に売ってしまえば、宣伝されることもなく現住居を売却して引き払うことができます。
あまり人に知られずに家を売りたいという人に利用されています。

 

・手続きが比較的簡単
仲介によって買い手が見付かった場合、契約などの手続きは買い手、売り手、仲介業者と揃って行うことになります。
スケジュールの調整なども検討しなければならず、なかなか契約が進行しないということもあります。
不動産会社に直接売却してしまえば、やり取りは完全にあなたと不動産会社のみで行われます。
時間のかかる家の売却もスピーディーに進みますよね。

 

不動産会社に家を売るデメリット

不動産会社に直接家を売ることによるデメリットは一つです。
ズバリ「相場より安くなってしまう」ということです。
おおよそ、相場より3〜4割は安くなるといわれています。

 

それでも「少しでも高く売りたい!」という人には「不動産の一括査定サイト」がおすすめです。
複数の不動産会社へ一度に査定依頼を出すことができ、より高い価格を付ける不動産会社を選ぶことができます。
しかもネットですので、いつでも簡単に申し込むことができます。
もちろん無料で利用できますので、「売るかどうかは分からないけど」という人も試してみると自分の家の価値の目安を知ることができますよ。